HOME >> Aコープの取組み・環境活動(ECOプロジェクトの推進)

Aコープの取組み・環境活動

ECOプロジェクトの推進

私たちは、全農グループの一員として生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になることを願い、地球の環境保全に積極的に取り組みます。

全国初・富山県全域でのレジ袋有料化と、当社の取組み

富山県における官民一体の取組み

富山県は平成20年4月に、全国初の試みでもある県内全域でのレジ袋一斉有料化に踏み切りました。これに先立つ19年6月には、レジ袋削減やマイバッグ利用等の全県的推進を目的として、スーパー・消費者団体・行政機関による「富山県レジ袋削減推進協議会」が設立され、同年10月に当社も参画しました。

行政と消費者団体、事業者が一体となって県内全域で一斉に有料化に取り組むのは全国初のケースであり、平成20年4月1日のスタート後は、マイバッグ持参率が県下全体で90%以上を達成するなど、初期の目標を大きく上回り、富山県民にも幅広く支持されています。

当社の積極的な活動参加

当社ではこの取組みに全面的に協力するため、さまざまな活動を行ってまいりました。

平成20年1月から2月にかけて県内4会場で開催されたノーレジ袋県民シンポジウムでは、パネルディスカッションにパネリストとして出席し、Aコープにおけるレジ袋削減運動の取組状況やマイバック・マイカーゴの持参率の現状、さらには4月以降の取組目標や実施具体策などを説明しました。あわせてAコープ各店舗では、ポスター・のぼり・手配りチラシ等によりレジ袋削減とお買い物バッグ持参を呼びかけるなど、積極的な啓発運動を展開しました。

こうした取組みが実を結び、平成20年度から毎年、当社のマイバック持参率は94%を越えています。また、毎年3月にレジ有料化にともなう収益金を、富山市・南砺市・小矢部市・朝日町の3市1町に、「環境保全活動の推進」などに役立ててもらえるように寄付しております。

今後も当社は、皆様のご理解ご協力のもと、地球環境保全活動に取り組んでまいります。

啓発に使用した店内ポスター

ECO TOPICS

平成25年度のレジ袋収益金、全店合計93,554円を寄付しました。
店頭で1枚5円で販売しているレジ袋は原価等を除けば約1円の収益金があります。これを寄付金として各市町村に納め、「環境や高齢者福祉に役立ててほしい」旨を伝えました。Aコープおやべ店は平成26年、平成25年度のレジ袋有料化に伴う収益金16,510円を小矢部市のふるさとおやべ応援寄付金に寄付しました。また、朝日店は朝日町に13,555円、ウインズ店は富山市に44,697円、セフレ店は南砺市に18,792円を寄附しました。

環境にやさしいマイバック・マイカーゴを販売しています

Aコープでは環境問題への取組みの一環としてマイバック・マイカーゴの推進に取り組んでいます。
詳しくは店内サービスカウンターまでどうぞ。

身近なところから始めようエコロジー
  • マイバッグ Np.3486 980円
  • マイバッグ Np.3489 680円
  • マイバッグ Np.9012 680円
  • マイカーゴ 315円